ブログ

  1. 手塚治虫 x AI + 著作権 (1/3)

    「ストーリー漫画」の草分け 手塚治虫(1928-1989)は、言わずと知れた日本漫画界の第一人者です。漫画の歴史については、諸説あります。高山寺の「鳥獣戯画」が漫画の原点であると言われたり、江戸時代の「画図百鬼夜行」などの妖怪本を漫画と捉えたりする説もあります。

    続きを読む
  2. 「当然対抗制度」の導入?

    ●著作物ライセンスの「当然対抗制度」の導入?今年も著作権法改正の検討がされています。「ダウンロード違法化」、「写り込みに係る制限規定」がメインのトピックとなっています。その中に、著作物ライセンスの「当然対抗制度の導入」が加わることになりそうです。

    続きを読む
  3. 著作権の一般承継:第三者対抗要件

    7月1日、著作権法の改正があります。著作権を譲受したときには「著作権譲渡の登録」をしなければ第三者対抗要件は具備されません。ただし、一般承継のときには、この登録は不要とされていました。

    続きを読む
    • 著作権の一般承継:第三者対抗要件 はコメントを受け付けていません
    • 未分類
  4. 写真を撮る側、撮られる側

    肖像権とは、写真や動画の被写体となる人に認められる権利です(*)。以下の2つに分けることができます。(1)「撮影拒絶権」:撮影されない権利(2)「利用拒絶権」:撮影された写真等を利用されない権利*イラストやフィギュアなどのモデルにも認められる。

    続きを読む
  5. 「書」は、「美術」か?「文学」か? -後編-

    「書」だからというだけで、おしなべて「美術の著作物」に分類されることに違和感を覚える方がおられるかもしれません。例えば、自作の俳句、短歌、漢詩などをボールペンでノートに書き綴ると「言語の著作物」となり、墨と毛筆で和紙にしたためると「美術の著作物」となるのでしょうか。

    続きを読む
    • 「書」は、「美術」か?「文学」か? -後編- はコメントを受け付けていません
    • 未分類
  6. 「書」は、「美術」か?「文学」か? -前編-

    「書」は著作物です。本来、文字は情報伝達という実用的機能を担うものであって、特定の人に独占させるわけにはいきません。しかし、その実用性を超えて「美的要素」がある文字については著作物となります。これは、「雪月花事件」(東京高裁平成14年2月18日)をはじめとする裁判例で言われていることです。

    続きを読む
    • 「書」は、「美術」か?「文学」か? -前編- はコメントを受け付けていません
    • 未分類
  7. 大目に見てくれない・・・? ―合唱コンクールの参加規約―

    東京都中央区では数多くのコーラス・サークルが活動しており、さまざまな音楽イベントで歌声を披露しています。中には、全国的なコンクールに出場した経験のある方々もおられるでしょう。

    続きを読む
    • 大目に見てくれない・・・? ―合唱コンクールの参加規約― はコメントを受け付けていません
    • 未分類
  8. レオナール・フジタ(藤田嗣治)と著作権

    レオナール・フジタ(1886.11.27.―1968.1.29.)の代名詞と言えば、「乳白色の下地」による裸婦です。その人気は衰えることを知らず、今年は没後50年ということもあって、ますます注目されています。フジタは、絵画だけでなく、写真、映像、陶磁器などの創作物も遺しています。

    続きを読む
  9. BGMのはなし

    カフェ、バー、居酒屋、美容室などの店舗でBGMが流れているのをよく耳にします。BGMを流すには、JASRACなどの権利者団体に許諾の手続きをしなければいけないということは、今やよく知られた話です。

    続きを読む

アメリカ著作権登録はこちら!

結婚式で使う音楽の相談はこちら!

外部リンク

ページ上部へ戻る